自分の可能性を広げるために、javaの技術者は転職しましょう

職探しは自宅でする時代

楽しく働くために

タブレットで顔を隠す女性

javaのプログラマーが転職に失敗する要因として、最も大きいのが面接時の応答です。javaのプログラマーは単独で作業することが多いので、どうしても人と会話する手段が少なくなります。中には、人とコミュニケーションをとるのが億劫になってjavaのプログラマーを目指す方もいるほどです。
ただ、転職活動の際には必ず人と話すスキルが求められます。プログラミングの技術を独学で高め続けた方や、今まで仕事に熱中しすぎてきた方は、いくら技術があってもそれを正しく伝えることができなくて、結局面接ではじかれてしまうのです。
このことから、javaの技術者の転職に最も必要なものはコミュニケーション力だとも言えます。技術を磨くのはもちろんですが、同時にコミュニケーション力も磨いておくようにしましょう。

javaの技術者にとって、コミュニケーション力は転職時だけではなく、実際に働く際にも効果を発揮します。
大企業では、複数のプログラマーでチームを組んで、大きな仕事に取り掛かることが多々あります。そんなときにチーム内で意思疎通ができなければ、仕事に支障をきたす可能性が考えられます。逆にいえば、ここでコミュニケーションを円滑に行い、チーム内で士気を高め合えば、仕事の効率が大幅にアップするとも言えます。そして何より、コミュニケーションがうまくいけば仕事もたのしくなるので、普段からコミュニケーションを心がけましょう。
普段から人と話していれば自然とコミュニケーション力がつきますし、会社内で人望も厚くなります。人望が厚くなればプロジェクトを総括するリーダーに任命されることもありますので、コミュニケーションは仕事のチャンスを広げてくれるといえるのです。転職のために頑張るのではなく、将来のために、そして人生を楽しくするために、コミュニケーション力を伸ばしていきましょう。

ページのトップへ戻る